EMPOWER

こんにちは。橋本友美です。

名古屋からお届けします!

 

先日、クラブハウスで「英会話のコツ教えます」
というテーマでRoomを開きました。

 

その中ででてきたご質問が
「耳が悪いのか英語が聞き取れないんです・・・」
というものでした。

 

何を隠そう、私自身も英語が聞き取れず苦労しました!
なので、悩んでいらっしゃる方のお気持ち、
よくわかります!!

 

学生の頃、リスニングには全く自信がありませんでした。
まず、「単語の切れ目がわからない」というのがありました。

 

よく、音声を何度も聞くこと、聞こえた音声を真似しなさいと
言われていたものの単語として認識できないので
「真似しようにも真似できない」状態。

 

よしんば、真似した音も合っているかどうかわからず、
嫌になってしまっていました。
音声をあまり聞いていないダメな生徒でした。

 

そんな私が「英語が聞こえる耳」を手にいれたのは、
発音を勉強してからです。

 

思い返せば、中学くらいまでは授業で音読も
していた気がしますが、高校に入ってからは、
授業で取り扱う英文が長くなり、読解中心の授業に
なるため、声に出す機会は少なかったように思います。

 

まず、みなさんにお伝えしたいのは、

「みなさんの耳は悪くない」

ということです。

 

英語が聞こえないのは、

本来の音を知らないだけ!

発音を学ぶことでリスニング力アップができます!

 

これは、私自身が経験したことですし、
実際にレッスンを受講された方も
「単語の意味はわからないけど聞き取れるようになった」
と言われます!

 

まず、英語が聞こえない最大の理由は、
実際の発音が自分の想像する音にギャップがあるためです。

 

例えば、travel という単語について、多くの人が
「トラベル」に近い音を想像します。

 

カタカナ語として定着しているのでそう思っても当然です。

ところが、実際の発音はラァを強く発音した「トラァブー」
むしろ「トラブル」に近いです。
実際のtravelの発音を知らなければ、何度聞いても
travelを聞き取ることはできません。

 

よく聞こえないという声があがるのはwill
will は「ウィル」とは発音されません。
wは日本語にない、2つの唇を突き出して震わせて出す音ですし、
iは実際は「イ」とは違って、「イ」と「エ」の間の音になります。

 

人によっては弱いエと表現した方がしっくりくるかもしれません。
lは舌先を上の歯と歯茎の境目あたりにつけて出します
「ウ」に近い音になります。「ル」の音とはほど遠い音です。

 

これまでの説明でwillの音を文字に書いてみると
「ウェゥ」のような音になります。
「ウィル」と 発音されるだろうと期待している人は、
いくら「ウェゥ」を聞いてもwillのことだとは思えないのは
自然なことです。

 

一つ一つの発音でこのような違いがありますし、
英語と日本語の発音上の違いとして、
英語は単語ごとに区切って発音しません。
単語と単語を繋げてしまったり、省略したりという
ことが頻繁に起きます。

 

いわゆる、音のリエゾンや脱落と言われている現象ですね。
日本語これをやったら、もう何を言っているのかわかりません。

 

例えば、What do you do?は、通常
「ワット ドゥユゥドゥ」とは発音されず、
「ワッダヤドゥ」に近くなります。

 

このようなことが全ての単語、英文に起きているわけなので、
そりゃもう、ネイティブスピーカーが話す英語は
ペラペラペラペラ・・・としか聞こえない・・・

 

英語には母音が主なもので16(数え方によっては26)、
子音が24あります。

 

これらの音を認識するために、

 

まず自分が発音できるようになること

 

がリスニングへの近道です。

 

自分の声が一番身近な発音です。
ここで正確な音、響き、空気や体の振動を
感じとることはリスニング上達への大きな一歩となります。

 

発音の勉強は、本やCD、音声をチェックするアプリがあるので
独学でも学ぶことは不可能ではありませんが、
やはり、それが通じるレベルにあるのか、
どのように修正すれば正しい発音になるのかの
フィードバックがあれば成長は早いです。

 

歌をうまくなるのに、楽器の演奏がうまくなるのに、
個人レッスンを受けるのに似ています。

 

そして、

 

スペルと発音の関連を知る

と単語を読んで正しい発音ができ、
発音からスペルを類推することができるので

これまでもっていたボキャブラリーと
紐づけていくことができます。
これはphonics(フォニックス)と呼ばれている
もので、ネイティブの子供たちも学校で学びます。

 

リスニングに悩まれている方、
発音を学ばれることをおすすめします!
気軽に始めたいという方はこちらが
おすすめです!

↓ ↓ ↓

松香洋子著「アメリカの子供が「英語を覚える」101の法則 日本人には目からウロコの発音術」

 

発音テキストの名著
↓ ↓ ↓
松澤喜好著「英語耳」

 

エンパワー英会話では、

発音の基礎から丁寧に取り組みます。

 

「リスニング力をあげたい!」

「発音徹底的に学びたい」

「発音のフィードバックがほしい」という方、

一度、ご相談ください。

 

 

関連記事

初心者向けリスニング本のおすすめはコレ!

 


英語に関するお得情報をお届けします!

友だち追加

 

◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!
毎日1つずつご紹介します。
トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓
トラベル英語これだけ30 PDF

こんにちは。橋本です。
 
本日は、ホテルJALシティ名古屋 錦
レストランCafe Canal 1610
勤務されている方のレッスンでした。
 
今年の1月18日オープンしたての
素敵なホテルです。
 
外国人のお客さまが多いということで、
レストランのウェイター接客の
英会話を学んでおられます。
 
今日のレッスンは、ランチで来客された方の
テーブルのご案内とランチメニューの説明でした。
 
話す内容や現場のイメージがわかっているので、
質問もたくさんしていただき、
ぐんぐん吸収していかれています。
 
レストランで使うフレーズの一部を紹介します。
 
「お席にご案内いたします」
I’ll show you to your table.
(アイル ショウユウ トゥ ヨア テイボー)
 
「こちらがランチメニューです」
Here is a lunch menu. 
(ヒアズア ランチメニュ)
 
「ランチには全てサラダバー、ドリンクバーがついております」
All lunch sets include a salad bar and a drink bar.
(オール ランチ セッツ インクルードゥ
ア サラド バー アンド ドリンク バー)
 
*saladは「サラダ」と言ってしまうと通じにくいです。
「サ」を大きく「サア」という感じ、
「ラ」はとても小さく、
「ド」は聞こえないくらいでいいです。
 
参考記事

英語らしく話すコツーアクセントのある母音を丁寧に言う


 
 
余談になりますが、
今週日曜日に、
名古屋ウィメンズマラソンが開催されます。
 
受講生さんの勤務先、
ホテルJALシティ名古屋 錦では、当日の朝食に、
名古屋ウィメンズマラソン出走ランナー向けに、
きしめん、餅、味噌汁、卵雑炊、バナナ、パスタ、
鬼まんじゅう、などを提供するそうです。
 
メニューは自身もランナーである彼女の発案です。
おいしくて糖質がたくさんとれる、
ランナーにはうれしい品目ばかり。
 
ちなみに、彼女は当日の早朝4:30から
朝食ビュッフェのセットをした後、
9:10からフルマラソンを走るとのこと!
 
遠征のホテルでこんなメニューが出たら本当にうれしい。
名古屋ウィメンズのホテルには、
JALシティ名古屋、おすすめです!!
 
・・・私も当日走ります。
 
ホテルJALシティ名古屋 錦公式サイトはこちら↓
https://www.nagoya-nishiki.jalcity.co.jp/
 
◆15分(3000円)体験レッスンはこちら
(1日1名様限定)

http://empower-1.com/weblesson


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!
毎日1つずつご紹介します。
トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」
30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓
トラベル英語これだけ30 PDF