さぁ、はじめよう英語の旅…

なぜ学校教育では英語が話せるようにならないのでしょうか?

日本の学校での英語教育はダメだ、

中学、高校で6年も勉強してきたのに

話せるようにならなかった…

こんな声をよく聞きます。

 

私は学校の勉強に無駄はないと考えています。

逆に言えば、中学校で学ぶ英文法が使うことが

できれば日常会話は可能です。

それくらい中学で学ぶ英語は基本的な英語が

使える文法が網羅されています。

 

では、なぜ話せるようにならないのでしょうか。

それは、

・唯一の正解を求めさせてしまう指導

・いく通りもある会話について成績をつけること

・スピーキングを指導できる人材の不足

・英語の授業数の不足

など、様々な理由があって、

 

「話す」練習が学校ではできなかったからです。

話す練習を効率よくするには、

最低限の文法を知っていることは有利です。

 

進行形、名詞、主語など文法用語を知っている

ということだけでも、英会話を始めるときに役立ちます!

 

日本語と英語は構造が異なるので、

自分の言いたいことを英語にするときは英語にしやすい

日本語に置き換えてから英文にするというプロセスをたどります。

ここにコツがあり、練習が必要なので、

この部分のアドバイスと練習をしっかりさせていただきたいと思います。

 

なぜ英語が聞き取れないのでしょうか?

日本人には聞き取れない音があります。

例えば「l」と「r」、「s」と「th」発音の違いなど、

日本語を母語とする私たちは、

日本語に必要のない音を無意識に排除し、

五十音のかなにあてはめて認識します。

 

日本語にない音は、英語の各発音の仕方を学び、

自分で発音することによって認識できるようになり、

リスニングにおいて正確な聞き分けができるようになります。

 

日本人講師だから理解できるあなたの気持ち

ネイティブ講師は英語としての自然な表現を身体で覚えています。

それゆえにどうしてその言葉を使うのかの説明がうまくできないことがあります。

理由は「その方が自然だから」となってしまいがちなのです。

私たちは多くのみなさんと同じように

中学校で英語を勉強し始めました。

 

学校の教科の一つとして英語の授業を受け、

それは英文法の習得を軸としてそれに則った試験があり、

それで高得点をとれるように勉強してきました。

 

みなさんが疑問に思うことは、たいていの場合、

私もかつて疑問に思ったことであり、

それを解消してきた経験があります。

みなさんの悩みがどこで生まれたか、

どうすれば解消できるかをお伝えすることができるのです。

 

試験対策が得意な日本人講師

ネイティブ講師の不得意なことに、各種試験対策があります。

 

たとえば、英検は日本英語検定協会という日本の組織が運営していますので、

日本の発想での試験構成になっています。

 

試験対策には、その試験の傾向と対策をしっかり抑える必要がありますが、

情報が日本語であること、試験の背景を理解することは

日本人講師が得意とするところであり、

逆に言えばネイティブ講師が不得手なところになります。

 

レッスンは完全オーダーメイド

まずみなさんのカウンセリングから始めます。

英語を身につけようと思った動機、

英語を使って何をしたいのか、

英語を話せるようになってどうなりたいかをお聞きして、

それらを実現できるようにカリキュラムを組み立て

アドバイスします。

 

みなさんの夢や目標は何ですか?

海外旅行

英検合格

TOEIC対策

日常会話 など

ぜひ聞かせてください。

 

レッスンを受けてみたい、レッスン内容を聞いてみたいという方は
こちらのフォームにご記入の上、お問い合わせください。