夏至にちなんで、映画『ミッドサマー』を観ました

こんにちは。橋本です。

 

一昨日は、夏至でしたね。

夏至は、英語でsummer solstice といいます。

 

The summer solstice is the longest day of the year.

(夏至は一年で日が一番長い日だ)

と使います。

 

夏至にちなんで、

 

米国では昨年公開の後、

瞬く間に話題となったホラー映画

『ミッドサマー』(Midsommar)

を見ました。

 

私は、ホラー映画は苦手で、まず見ないのですが、

映画の常識を変える斬新さがあるというレビューから

興味を持って、がんばって見ました(笑)

 

「映画好きは見る価値があります!」

 

タイトルのmidsommarはスウェーデン語で、

「夏至祭」を意味します。

 

英語だとmidsummer になりますが、

あえてスウェーデン語でのタイトルになっています。

(米国とスウェーデンの合作映画です。)

 

作品の舞台はスウェーデンですが、

「夏至祭」自体はヨーロッパの国を中心に、

世界の多くの地域で開催されています。

 

北欧の「夏至祭」では、人々が

沈まない太陽の下で、歌って、踊って楽しみます。

恋がたくさん芽生え、春には新しい生命が

たくさん生まれるとも言われています。

 

映画では、5人の大学生が、スウェーデンのある村の

90年の一度の特別な「夏至祭」に招かれます。

民族衣装に身を包んだ村の人々は和かで、

彼らを暖かく迎え入れますが、

5人はその後の9日間の祝祭で起きる異常な出来事、

村人の狂気は知る由もありません・・・

 

詳細は、ミッドサマー公式ウェブサイトを

ご覧ください。

https://www.phantom-film.com/midsommar/

 

この映画は、とても不思議な感じがします。

通常、ホラー映画の画面は暗く、

恐ろしいことは暗いところで起きますが、

この映画では、緑の美しく、沈まぬ太陽の下、

明るい雰囲気の中で狂気に満ちたことが起きるのです。

そして、ちょっとコメディータッチでもあるという。

 

 

画面背景に、その後のストーリー展開について

色々示唆するものもあるが提示してあり、

それを見つけるのも面白いと思います。

(監督自身が組み込んでいると言っています。)

 

ちなみに、作品内で行われる儀式や衣装は、

監督が北欧を中心に様々な儀式や伝承を研究した上で

映像化されていますのでリアリティがあるのですが、

創作したものもあると話しています。

 

スウェーデン政府は、

「こんなことしてないからー!!」と

怒っているらしいですが(笑)

 

夏に見たい映画の1本になる作品です。

(ホラーが苦手な方は、元気のある時におすすめします。)

 

今、アマゾンプライムなどのストリーミング配信で見られます!

147分 | 字幕版 | R-15+相当 (劇場公開版です)

価格:1,000円(税抜)

配信期間:2020/6/17(水) ~ 2020/7/16(木)※1か月限定

 

詳しくはこちらから

↓ ↓

https://www.phantom-film.com/midsommar/dvd/

 


映画から英語を学ぼう!

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓

体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓