軽いアドバイスのつもりで使った you had better … 相手の気分を害してしまうかも

こんにちは。橋本です。

 

毎朝開催しているClubhouseのルームで

質問いただいた「〜した方がいい」 had better のについて、

このブログでまとめておきたいと思います。

学校では、had better — =「〜した方がいい」と習いますが

you had better — を使ってしまうと

相手が戸惑ったり、気分を害することがあります。

 

その理由は、You had better … は「脅し」が入った

強いアドバイスだからです。

 

ともすれば、上から命令に近い感覚になります。

言われた相手は、そのアドバイスに従わないと、

自分の身に危険やリスクがふりかかるように思います。

 

You had better …と言う時には、そうしなかったときの

リスクや危険がありことを示唆しています。

 

こんな感じで使います。

 

You had better bring cash, because they don’t take credit cards there.
そこはクレジットカードが使えないから、現金を持っていきなさい。

→  現金がなかったら何も買えなくて困るリスクがある

 

You had better not smoke there, because smoking is illegal in the national park.

その国立公園内での喫煙は違法なので、そこではタバコを吸ってはいけない。

喫煙で警察に捕まるリスクがある。

 

こちらは、you had better —が違和感のある例です。

 

今日たくさん料理を作ったということで、友人に

“You had better come to my house for dinner“.

と言ったとします。

この状況では、特に大きなリスクは考えられません。

you had better …と言われた相手は、

「なんで??もし家に行かなかったら

私に悪いことでも起きるの?」と思って戸惑います。

 

ただ、同じ料理であっても、

今日は滅多に食べることのできないお取り寄せの

高級牛肉のステーキを焼く予定で、

ステーキが大好物の友人に対して、

You had better come! というのはありえます。

そんな絶好のチャンスを逃してしまうのは

かわいそう、つらいことだと思えば、

You had better come! と言う可能性があります。

 

アドバイスについては、 you should を使うのが最もシンプルです。

you  should ...のアドバイスはそこまで強くありません。

「〜すべき」という訳語を当てることが多いので、

「〜した方がいい」を当てるhad betterの方が

柔らかく聞こえるかもしれませんが、全く逆です。

アドバイスには、you should …を覚えておくと

まず間違いありません。

 

まとめです。

you had betterは、強い義務を表し、上からの物言いなので、

「〜した方がいい」という軽いアドバイスは

you had better ではなくshould を使う。

特にお客さんや上司にいう時は注意しましょう。

 

英語に関するお得情報をお届けします!

友だち追加

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

エンパワー英会話のオンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓