“How are you?” に答えていますか?

こんにちは。橋本です。

 

英語のネイティブと仕事を

することがあるのですが、

 

彼らがよくぼやいているのが、

 

日本人は

“How are you? “に答えない

ということ。

 

もちろん、全員ではありません。

でも、結構な数のようです。

 

私も英検の二次対策で

面接の練習をするとき、

“How are you? “というと

ぼかんとしている学生が

かなりいます。

 

英語の世界では、

Hi! やGood morningあいさつのあとに、

 

“How are you?”(ハワーユー?)

「元気?」「調子どう?」

必ずといっていいくらいついてきます。

 

もっとも一般的な返答は、

Fine, thank you. And you?”

(ファイン, サンキュー. アンデュウ?)

「元気だよ、あなたは?」

ですね。

 

すると、相手も

“I’m good, too. Thank you!”

(アイムグッ サンキュー

「元気だよ。」など、

調子を答えます。

 

たちどまって会話することなく

すれ違うときでさえ、

ここまで言い交わすことも普通です。

 

英会話のレッスンでは、

あれを話そう、これを話そうと

準備をしているので、

早くそれを言うことに気をとられ、

“How are you?”を聞き逃している

のかもしれません。

 

あるいは、日本語で

あいさつとして「調子を聞く」習慣がないので、

尋ねられる想定をしていないのかもしれません。

 

ただ、日本語でたとえるなら、

「おはようございます」の挨拶のあとの

「今日はよろしくお願いします」

にあたるところだと思います。

 

「よろしくお願いします」と言って

何も返事されなかったら、

無視された気分や違和感を感じます。

それと同じ感覚なのだと思います。

 

あいさつしたら、

次に“How are you? “がくるものと思って、

準備しておきましょう。

 

ごつごつした感じになってもいいので、

“Fine, thank you. And you?”

言えるようにしておきたいですね。

 

学校の授業で、英会話のレッスンで

最初に習うあいさつで、

知っている人も多いのですが、

 

テンポよく(5秒くらいで)

“How are you? “

“Fine, thank you. And you?”

“I’m good, too. Thank you.”

のやりとりをするのは

意外に難しいです。

 

ここは経験あるのみ。

 

私も留学中にリズムよく返答ができず

気まずい思いを何度もしたのち

できるようになりました!

 

めげずに言ってみてください。

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン15分(3千円)から!(1日1名様限定)

↓ ↓ ↓  ↓

オンラインレッスン