授業で英語プレゼン!

こんにちは。橋本です。

 

先日は、大学の授業で

学生たちに英語プレゼンをやってもらいました。

 

その前の授業で、英語でのプレゼンの型

(イントロ、ボディ、結び、Q&A)

各セクションでよく使われるフレーズ、

話すときの態度・姿勢などを学習し、

それを実践、発表する時間が

先日の授業でした。

 

今回の趣旨は、内容の充実というより、

英語のプレゼンの型を習得すること。

学生が話しやすいものに設定しました。

 

・学校生活

・自分の好きなこと、趣味

・自分の将来

 

つまり、なんでもいいです(笑)

 

時間も1分以上3分以内なので、

それほど負荷をかけていません。

 

総じて、よく準備され、

想像以上によくできていました。

とりわけ、印象的なプレゼンは

数字を使ったものでした。

説得力が増します。

 

彼女のテーマは、

「私の好きなアーティスト」

彼女は、その人がいかに人気があるかということを、

インスタのフォロワー数や

フォロワーにいる米国の有名人を挙げ、

アルバムのセールス数を根拠にしていました。

 

彼女だけでなく、他の学生も

憧れの人やアイドルのことを話すときの

熱量の大きさは、プレゼンに表れます。

 

いかに彼がかっこいいかを伝える話には

熱が入っており、オーディエンスも

その勢いに飲まれます。

 

あと、全体的に、

もう少し声のボリュームをあげ、

自信が表れてくるとよいなと思います。

 

どうしても、照れやはずかしさが

表れてしまいます・・・

 

さらなる練習とプレゼンの経験が必要です。

 

ゆりやんも相当練習したんだろうなと

思います。

ゆりやん米国オーディション番組「アメリカズゴットタレント」に出演〜英語インタビューと日本語訳〜

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン15分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら