「成長する」を grow upにしていませんか?!

こんにちは。

橋本です。

 

「成長する」をgoogle翻訳で調べると

grow upと出てきます。

 

たとえば、このように使われます。

Children need to grow up healthy.

(子供は健康に成長する必要がある)

 

ところが、grow up を使うと

ネイティブには意味不明と感じることが

あります!

 

たとえば、会社の送別会で、異動者が

「この部署で成長することができました」

とあいさつするとします。

 

これを英文にする際、

「成長する」=grow upとして、

I grew up in this department. 

とすると、ネイティブスピーカーは

非常に違和感を感じます。

 

なぜかというと、

grow up は、

あくまでも「子どもから大人になる」

という意味だからなのです。

 

I grew up in this department. では、

「すでに大人になっているのに、

大人になる?!意味不明・・・」と感じるのです。

 

日本語の「成長する」は、

「大人になる」だけでなく、

「人間性や知識などが向上する」も含みます。

 

なので、「この部署で成長することができました」は、

例えば、

I grew as a person through various experiences in this department.

であれば通じます。

grow自体「大きくなる、発展する」という意味があるので、

upをとってgrowのみを使い、

「この部署での経験を通じて」を加えて、

より具体的に表現します。

 

成長として、何ができるようになったのか、

その内容を具体的に述べるのもいいですね。

 

「〜を習得する」 learn to —

I learned to speak English.

(英語が話せるようになった)

 

「〜をのばす」 improve —

I improve my communication skills.

(コミュニケーションスキルがあがった)

 

learnimproveという動詞も便利です!

 

「成長する」はよく使われる言葉なので、

英語での表現を覚えておかれることを

おすすめします!

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら