気をつけて!”Do you understand? は上から目線の物言い!?

こんにちは。橋本です。

 

英語で話をしているとき、

自分の言っていること通じているかどうか、

相手が理解できているか不安になるときが

あると思います。

 

そんなとき、

「わかりますか?」という確認の意味で

“Do you understand?

と言っている方がとても多いです。

 

文法的に何ら問題ありません!

正しい英語です!

 

でも、“Do you understand?”

言い方や言う相手を間違えると

ちょっと失礼になってしまいます。

 

「あなたには私の言っていることを

理解するだけの理解力はあるか」

を尋ねてますので、

「本当にわかってる?」と

上からものを言うニュアンスになります。

ビジネス英語では使わない方がベターです。

 

確認の「わかりますか?」というより

念押しの「わかりましたか?」

「わかったか?」というニュアンスです。

(日本語と英語では語尾の時制が一致していませんね・・・)

 

私のイメージでは、刑事ドラマで

指示に納得せず、抵抗する部下に対し、

“This is my order. Do you understand?”

上司が「これは命令だ、わかったか?」

と最後に言い渡すシーンで使われる感じです。

 

では、、、

自分の言っていることが

伝わっているかどうか確認するための

「わかりますか?」は

どんなフレーズを使ったらいいかというと、

make sense です!

 

make sense「道理に合う」「理にかなっている」

という意味で、ネイティブスピーカーが

しょっちゅう使いますので、

ぜひ覚えてください!!

 

Does it make sense (to you)

言っていること(itで受けている)が、

相手にとって理にかなっているか、

つまり相手に理解できる内容かを

尋ねていることになります。

Am I making sense? 

も使います。

その他、話についてきているかの

確認をするときのフレーズは

Are you with me?

*私と一緒にいるかどうかを尋ねてはいません。

 

Are you following me?

*followの後についていくという意味か

理解するという意味になります。

followには日本語のフォローする(支援する)意味はありません。

 

Do you know what I mean?

文字通り、私の言っている意味わかります?

という意味です。


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓