「ドラゴンタトゥーの女」

「ドラゴンタトゥーの女」

映画も本もすごく好きな作品です。

 

原題は、”The Girl with Dragon Tattoo”

with は、「~と一緒に」という意味のほかに、

「~を持っている」という意味もあります。

 

まさに、「竜の入れ墨を持っている女」という意味です。

 

スウェーデンの小説を原作とし、同国ですでに映画化されて

「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」

 

ハリウッド版は、監督はデビッド・フィンチャー、

主演は007のダニエル・クレイグ。

ドラゴンタトゥーの女、リスベットのルーニー・マーラーがかっこいいです。

上映時間は2時間半と長いのですが、飽きさせません。

 

スウェーデンの方(「ミレニアム」)が、

ダークな感じで原作に忠実であり、こちらの方がいいという

レビューが多いですが、

ハリウッド版は、スウェーデン版にはない華やかさがあります。

 

好きすぎて、本も読みました。

作者のスティーグ・ラーソンは亡くなっているんですよね。

本作は3部作なのですが、彼による続きを読みたかったです。

(別の人が第4作を書き、映画化も決まっています。)

 

 

英語コーチのメルマガ発行しています。

登録はこちらからお願いします。

↓ ↓ ↓

メルマガ登録・解除

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA