閉店中はcloseでは足りないのです

こんにちは。橋本です。

 

今日は、街で見かける残念な表示についてお話します。

 

レストランや店舗の店先にある「営業中」の看板。

英語で表示してあるお店がたくさんあります。

「営業中」 = “Open”は問題ないのですが、

「閉店中」の看板については、

残念なお店をよく見かけます。

 

多くのお店が”Close”となっているのです。

正しい表示は、”Closed”です。

 

こう思われた方がいるかもしれません。

 

「お店をオープンする、

クローズするっていうよね?」

 

「openの反対はcloseじゃないの?」

 

確かに、

動詞のopen「開ける、開店する」の反対語は

close「閉める、閉店する」です。

 

We open at 8:00 a.m.

(8時に開店します)

 

We close at 6:00 p.m.

(午後6時に閉店します)

と言います。

 

ところが、看板の”Open”は

「開店する」という動作ではなく、

「開店している」という状態を表す形容詞です。

 

英文すると、We are open. になります。

看板ではWe areの部分は省略されて、

“Open”となります。

 

実は、反対の「閉まっている」は

closeではなく、語尾にdがついたclosed なのです。

 

閉店中は、英文ではWe are closed.なので、

閉店中の看板は、”Closed”になります。

 

ちなみにcloseは形容詞だと

「クロース」と読み(語尾はズと濁らない)

意味は、全く違って、「近い、親しい」となります。

 

日本に来た友人のネイティブスピーカーは

「dを持って歩いて貼ろうかしら」と

冗談を言っておりました(笑)

 

街を歩くとき、お店の看板を見てみてください。

思いの外closeの看板を

見つけるかもしれませんよ!

 

 

・海外旅行に必須フレーズ30を厳選!

毎日1つずつお届けします。

無料メールセミナー登録はこちらから↓

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

・メルマガ「みんなで楽しく英会話」

「なるほど、そうだったのか!」

知って得する、お役立ち英語をお届けします。

 

・まずは15分トライアルレッスン受けてみませんか?

英会話オンラインレッスン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA