海外旅行で使えるフレーズ「〜をください、〜をお願いします」

こんにちは。橋本です。

 

みなさんの旅を

一層楽しくする

簡単フレーズです。

 

今日は「—, please.」です。

「〜をお願いします、〜をください」です。

 

「プリーズ」と読みます。

読めますよね〜!

 

誰でも知っている言葉ですが、

この一語を使うだけで、

相手の気持ちが和らぎ、

旅が気持ちのよいものになります

 

旅行では、自分の欲しいものを

相手に伝えることの連続です。

 

欲しいものの後にpleaseをつけるだけで

相手に欲しいものが伝わります。

 

One coffee, please.

(コーヒー1つください)

 

Two tickets, please

(チケット2枚ください)

 

Check-in, please.

(チェックインお願いします)

 

A window seat, please.

(窓側の席をお願いします)

 

An aisle seat, please.

(通路側の席をお願いします)

 

欲しいものの名前が言えたら、

それで通じてしまいます。

 

その名前がわからないときは、

お店だったらガイドブックやスマホで

写真を指さして、

This one, please.

(これをお願いします)

 

レストランだったら、

メニューの注文する料理を指して、

This one, please.

(これをお願いします)

 

壁にかかっていたりして、

自分から遠いものを指す場合は、

thisの代わりにthatを使って、

That one, please.

(あれをお願いします)

 

pleaseは日本語の「お願いします」に

あたる言葉です。

 

お店では欲しいものの名前を言うだけで

通じるかもしれません。

 

しかし、とてもぞんざいに聞こえてしまいます。

英語ができないとわかってはいても、

相手に与える印象はよくありません。

 

逆に言えば、pleaseをつけるだけで

印象がよくなります。

 

せっかくの海外旅行を楽しいものにする

ためにも、相手に依頼するときは

最後にpleaseをつけることを心がけましょう。

 

 

◆「トラベル英語これだけ30」

海外旅行に必須フレーズ30を厳選!

1ヶ月間、毎日1つずつ取り組む

無料メールセミナーです。

わかりやすい解説がついています。

登録はこちらからどうぞ↓

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

「旅行までに時間がない」

「30フレーズまとめて一気に見たい」

という方は、ぜひ、下記よりご登録ください↓↓

「トラベル英語これだけ30」PDFを受け取る

 

◆まずは15分トライアルレッスンから!

英会話オンラインレッスン

 

◆メルマガ「みんなで楽しく英会話」

「なるほど、そうだったのか!」

知って得する、お役立ち英語をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA