海外旅行で使えるフレーズ「〜がありません」

こんにちは。橋本です。

 

今日の海外旅行で使えるフレーズ は、

「There is no —.」

「〜がありません」です。

 

「ゼアイズ ノウ —-」と読みます。

 

noの後ろに、ないものの名詞をいれます。

*ちなみに、There is/are —で

「〜があります」という意味です。

 

—の部分が、

単数の可算名詞、

不可算名詞であれば is、

複数の可算名詞であればareになります。

 

There is no —.は、

旅行では、ホテルの部屋や

レストランのテーブルなどに

あるべきものがないことを伝える場面で、

使えます。

 

あるいは、それがないということを

店員や係の人から伝えられることも

ありますね。

 

There is no water.
(水がありません)

There is no fresh towel.
(新しいタオルがありません)

There is no wi-fi.
(wi-fiがありません)

There is no alcohol.
(アルコールはありません)

There is no extra charge.
(追加料金はありません)

 

後ろに場所を入れるとより詳しく
表現できます。

There is no water in my room.
(私の部屋には水がありません)

There is no wi-fi in this area
(このエリアはwi-fiがありません)

There is no alcohol in the cafe.
(そのカフェにはアルコールはありません)

 

また、こんな風に言われる場面が

あるかもしれません。

There is no room available.
(ホテルで)空室はありません。

availableは入手できる、空いている
という意味です。

 

There is no room. だと、

部屋自体が存在しないことになります。

(ホテルは常に部屋はありますね!)

 

空いている部屋がないという

ことを示すために、

There is no room available.
空室はありません

と言います。

 

room のところは、

劇場や映画だったら、

ticket(チケット), seat(席)などが

入る可能性がありますね!

 

 

◆「トラベル英語これだけ30」

海外旅行に必須フレーズ30を厳選!

1ヶ月間、毎日1つずつ取り組む

無料メールセミナーです。

わかりやすい解説がついています。

登録はこちらからどうぞ↓

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

「旅行までに時間がない」

「30フレーズまとめて一気に見たい」

という方は、ぜひ、下記よりご登録ください↓↓

「トラベル英語これだけ30」PDFを受け取る

 

◆まずは15分トライアルレッスンから!

英会話オンラインレッスン

 

◆メルマガ「みんなで楽しく英会話」

「なるほど、そうだったのか!」

知って得する、お役立ち英語をお届けします。

メルマガ登録・解除

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA