映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

こんにちは。橋本です。

 

今日は、映画の紹介です。

 

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』

(原題 I, Tonya)

 

トーニャ・ハーディングは、米国女性初の

トリプルアクセルを成功させ、アルベールビル、

リレハンメル五輪で米国代表となったスケーター。

 

1994 年、夫と友人が企てた、ライバル、

ナンシー・ケリガン襲撃事件に関わったとして、

スケート界から永久追放。

母親の暴力と罵倒の中で育つ過酷な生い立ち、

事件とその後を描いたブラックコメディー。

 

フィギュアスケートのもつ清らかさを

求める方に本作はおすすめできません(笑)

 

「巨人の星」がアメリカで行き過ぎると

こうなるのかと(笑)

 

彼女を取り巻く人々(母親、夫、その友人)への

インタビューを組み合わせ、

登場人物たちの言動の矛盾を見せることで、

背景にある真実を見せようとしています。

 

周囲の人間性の低さぶり、

特に、母親や元夫の典型的なDV行動には苦笑の連続。

そして、夫と友人の稚拙な事件の企て。

トーニャに同情がわいてきます。

 

Tonya:

Look, Nancy gets hit one time and the whole world shits…

For me it was an all-the-time occurrence.

ナンシーが殴られたのは一回だけ。それで世間は大騒ぎ。

私なんて、いつものことだったのに。

 

確かに・・・苦笑

 

Tonya:

America. They want someone to love, they want someone to hate.

アメリカは、愛すべきものと嫌うものを求める。

 

Tonya:

I was loved for a minute, then I was hated. Then I was just a punch line.

私は一瞬愛されて、嫌われた。そして笑いものになった。

 

*a punch lineとは、

ジョークなどの落ちを指します。

 

トーニャ・ハーディングは、アメリカそのもの

まさにアメリカが求める「アイドル」であり、

「悪役」だったのかもしれません。

 

トーニャ・ハーディングを演じた

マーゴット・ロビーがとてもいいのですが、

何より、母親役のアリソン・ジャネイの

怪演が見ものです。

アカデミー助演女優賞とっています。

 

◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆15分(3000円)体験レッスンはこちら
(1日1名様限定)

オンラインレッスン