「ボリューミー」は英語ではない〜TOEIC対策の話

こんにちは。橋本です。

 

今日は、料理の感想でよく聞く「ボリューミー」

という言葉にについてお話します。

 

ここ10年くらいのうちに使われるように

なって定着してきた感がある言葉です。

 

「ボリューミー」とは、

「ボリューム(volume)がある」ということで、

元になったボリューム(volume) に

形容詞化するときに使う

接尾辞-y をつけたと思われますが、

英語にはvolumyという言葉はありません。

 

英語のvolumeは、

「空間の大きさ、量、音量」

を表します。

 

あと、本で1巻、2巻というとき

volume 1、省略して、vol.1 といいます。

これはみなさん見たことがあるのでは

ないでしょうか?

 

英語のvolumeは、量やかさの大きさをさします。

重さの感覚ではないんですね。

 

一方、日本語のボリュームは、

重さの感覚もあるので、

お腹に残る重さから、

料理についてボリュームがあると言いますが、

英語では料理の量についてvolumeという

言葉をあまり使いません。

 

ちなみに料理の「ボリュームがある」は

heavy, big, large を使います。

 

I ate a big/large hamburger.

(ボリュームのあるハンバーガーを食べた)

I had a heavy lunch today.

(今日はボリュームのあるランチを食べた)

 

volumeの形容詞は、volumyではなく

voluminousですが、

かさが大きいことや巻数が多いことをさし、

やはり、料理の量が多いことには使いません。

 

-ousも、-yと同じく

形容詞化するときにつけられる接尾辞です。

その他にもこんな接尾辞があります。

-ive        sense → sensitive

-ical     music → musical

-ic        romance → romantic

上記は、「〜の、〜的」になるパターン。

 

以下は意味が添えられます。

-able(できる)     wear → wearable

-ful  (多い、満ちている)     care → careful

-less   (不足している)  care → careless

元の単語を知っていると、

意味の予測ができますので、

接尾辞の知識があると語彙も増えます。

英語を英語のまま理解するのは

この知識が欠かせません。

 

TOEIC対策では接尾辞は

必ずマスターしたいところです!

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語の独学の限界を感じている方へ

1回きりのレッスンでもOKです!

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓