ハンバーガーショップで「フライドポテト」は通じません!

こんにちは。橋本です。

 

「ご一緒にポテトはいかがですか?」

ハンバーガーの付け合わせといえば、

フライドポテト。

居酒屋さんの人気メニューの一つでもありますよね。

 

フライドポテトを英語にすると、fried potatoです。

一見、英語としては問題なさそうなのですが・・・

 

実は、、、

米国のハンバーガーショップで

通じない可能性が大です。

 

まず、英語の fry と日本語の「フライ」の

イメージが異なるんですね。

 

日本語の「フライ」は油で揚げることを指しますが、

英語の fry とは、油で調理すること全般を指します。

(*特に油で揚げるという時は、deep-fry といいます)

 

英語でのfried potatoは「油で調理したじゃがいも」なので、

ハッシュドブラウンや単純に油で炒めたじゃがいも全般が

fried potato です。

 

 

 

 

 

 

 

では、日本での「フライドポテト」

ハンバーガーショップで頼むあのポテトは

なんというかというと、

米国では French fries です。

Frenchを省略して fries とも言います。

 

French という名がついた理由は、

第1次世界大戦の時、ベルギーのある村で

食されていた「フライドポテト」を

米兵が気に入って自国に伝えたのですが、

その村ではフランス語が話されていたので、

「フレンチフライ」と呼んだとのこと。

 

フランス起源ではないのに、

「フレンチ」というのが面白いですね〜。

 

英国では呼び方が異なります。

chips といいます。

 

イギリスの名物

「フィッシュ&チップス (fish and chips) 」は、

白身魚のフライにフライドポテトを添えたものです。

 

米国と英国で、French fries, chips

使い分けてくださいね!

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

 


身近な話題をテーマにしながら、

親しみやすさ、楽しさがウリのレッスンです!

 

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

オンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓