英語にはない「社会人」という言葉

こんにちは。橋本です。

 

私は大学でビジネスコミュニケーションの授業を

担当しているのですが、学生のよくある間違いが、

 

「社会人になったとき・・・」

「社会人になったら・・・」というとき、

I become a member of society .  とするというものです。

 

これを聞いたイングリッシュスピーカーの

頭の中は「???」です。

 

a member of society とは、

社会を構成する一員という意味です。

それ以上の意味はありません。

 

society (社会)」とは

人間の共同体であり、

大人のみならず、子供、学生など、

あらゆる人が社会の構成員。

誰もが社会の一員にもかかわらず、

改めて、社会の一員になるのは

訳がわからないということなのです。

 

英語の世界では、

学生との対比で「社会人だ」「社会人になる」

と言うより、

 

医者、エンジニアなど、

「『具体的な職業』である、になる」

be/ become  —.

という言い方をします。

 

— の部分は、

an administrative assistant(事務アシスタント)

a doctor(医者)

a teacher (教員)

an engineer(エンジニア)

a designer(デザイナー)

an accountant (会計士)

a nurse (看護師)

a receptionist (受付)

などが入るわけです。

 

つまり、What do you do? に対する答えですね。

 

それでも、学生の対比としての「社会人」ということを

どうしても伝えたい場合はどうすればよいか。

 

「社会人」とは、

ほとんどの人が学校を卒業、

企業に就職すると「社会人」になります。

 

「学校を卒業している」

「仕事をしている/会社に勤めている」

の2つを説明する必要があると思います。

 

「社会人になった」ことを伝えるならば、

 

例えば、

My son graduated from school  and started to work in April.

(息子は4月に学校を卒業して働き始めた=>社会人になった)

 

I was eighteen when I started working after graduation.

(18歳で卒業して働き始めた=>社会人になった)

 

と表現すれば伝わると思います。

 

文脈や相手の背景理解にもよりますが、

学生でもバイトで働きますので、

workhave a job だけでは

「社会人」ということが伝わらないかもしれません。

 

日本語の「社会人」は、

「社会に寄与している人」として

直訳では表しきれない意味を持ち、

「学生」との区別で使われると認識していると

誤訳は防げるかと思います。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

 


身近な話題をテーマにしながら、

親しみやすさ、楽しさがウリのレッスンです!

 

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

オンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓