「イエッサー」女性に使っていませんか?

こんにちは。橋本です。

 

「イエッサー!」

 

このフレーズを聞いたことがありますか?

 

映画「トイストーリー」で

グリーンアーミーマンの軍曹が

言います!

 

軍隊で上官の指示に対し「了解!」という場面ですね。

こちら、英語で書くと “Yes, sir!“です。

 

yes の最後のssirの頭のsが重なって

「イエッサー」と発音されています。

 

この「サー」sirの部分の意味は、

男性に対する敬称、呼びかけに使う言葉です。

 

英語の世界では、

会話で名前を呼びかけることが多いのですが、

その名前の代わりに、敬意を表す場合に

男性に対して sirと呼びかけます。

 

sirは軍隊だけでなく、

どんな場面でも使います。

 

例えば、お店の店員が

 

お客さんから何かを頼まれたとき・・・

“Yes, sir.”

(かしこまりました)

 

“Certainly, sir.”

(かしこまりました)

 

あいさつで

“Good morning, sir.”

(おはようございます)

 

男性を呼び止めるとき・・・

“Excuse me, sir.”

(すみません)

 

日本語ではない部分ですね。

お店だったら「お客さま」と呼びかける

かもしれません・・・

 

sirを「シアー」と読んでいる人がいますが

「サー」なので注意してください。

 

あと、これはとても重要なのですが、

絶対注意していただきたいのは、

「sir, サー」は男性の敬称ということです。

 

つまり、、、女性には「イェッサー」とは

言えません!!!

 

「イェッサー」=「了解」というフレーズとして

覚えてしまっている方、

女性に対しても「イェッサー」と言ってしまって、

とーーーっても気まずい雰囲気になります。

接客業の方、特に注意しださい!!

 

女性に対しては、「イェス、マアム」と言います!

 

ma’am (マアム)が女性の敬称です。

日本語として聞いていると、

ma’am とお母さんを意味するmom

区別がつかないかもしれませんが、

ma’amはマアムとマアを伸ばし気味に言ってください。

ちょっと笑いながら言うのがポイント!

 

お母さんの方は、マのところを短め、

笑わず怒った顔して言います笑

 

ちなみに、ma’am   は

madam(マダム)の省略なんです。

そう考えるとma’am が女性に対する敬称だと

いうことがイメージできるかと思います。

 

和訳では「奥様」と訳されていることが多いですが、

私たちの日常会話で「奥様」という場面は

少ないですよね?

実際は女性への敬称で、英語の日常会話では

ごく普通に使われています!!

 

まとめです。

・Sir (サー)は男性の敬称

・女性に対しては「イェッサー」使えません!

女性には「イェス、マアム」

 

覚えておいてくださいね!

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

 


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

オンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓