borrow, lend だけじゃない「貸す」「借りる」の英語

borrow, lend だけじゃない「貸す」「借りる」の英語

こんにちは。橋本です。

 

「〜貸してください」

「〜借りてもいいですか」

日常的によく使いますよね。

 

例えば、

友人のお家にお邪魔したとき、

「トイレ借りていいですか?」

 

メモをしようとして、ペンがなかった時、

隣りの人に「書くもの貸してください」

 

現金の持ち合わせがなくて、友人に

「ちょっとお金貸して」

 

これらの「貸す」「借りる」の表現を

英語でうまく使えていない人が多いので、

今日は整理してみたいと思います。

 

まず、「貸す」「借りる」の英語は、

「貸す」lend

「借りる」borrow     です。

 

日本語と同じように、

lend, borrowは対義語ですが

どっちが「借りる」で、どっちが「貸す」なのか、

そこで混乱する人が多いです。

 

まずはこの2つを覚えましょう。

 

覚え方のコツはよく使う短いフレーズを口に定着させること。

口が勝手に言うくらいに何度も言ってみます。

目安は10回。

何回も言うと意味は関係なく

口が動きを覚えます。

 

私は、この2つで覚えました。

Could you lend me some money?

(お金貸してください)

 

Can I borrow your pen?

(ペン借りていい?)

 

*ちなみに、「貸す」は loanも使います。

loan は住宅ローンの loan です。

loan books など、お金だけに限らず

「貸す」という意味で使われています!

 

lend, borrow は、使うときに、

注意しなければならないことがあります。

この2つは、使ったものを「返す(return)」ことを

前提にして使う言葉です。

 

お金もペンも貸し借りするときは、

それを使った後でそれを返します。

当たり前じゃん、と思うかもしれませんが、

 

日本語では「返す」前提がないものも

「貸す」「借りる」で表現します。

 

一番わかりやすい例がトイレです。

トイレは「使ったあとに返却する」ものではありません。

 

トイレを「借りる」とはトイレを

「使う」ということです。

トイレは使ったら出てくるだけです(笑)

 

なので、「トイレ借りていいですか?」は

“Can I borrow the bathroom?” とは言わず、

“Can I use the bathroom?”  となります。

直訳のトラップですね!

 

部屋やキッチンなども同じですが、

もちろん、ペンなどでも使えます。

 

Can I use your pen? 

(ペン使っていい?→貸して)

 

次に、同じ貸す・借りるでも、お金が伴うもの、

つまり、「賃借する、賃貸する」のは

別の単語を使います。

 

「賃借する、賃貸する」は rent を使います。

(皆さんご存知のレンタカーは

“rent a car” で「車を借りる」という動作が

そのまま名称になってしまっています。)

 

rent の面白いところは、

「貸す」にも、「借りる」にも使うところです。

 

「貸す」のか「借りる」のかは、

文脈で判断するしかありませんが、

一緒に使う前置詞に差があります。

 

貸すときは、

「〜に」ということで  to  +人、

 

借りるときは、

「〜から」ということで from +人

を伴うことが多いです。

 

長くなりました・・・

まとめです。

 

貸す: lend (loanもあり)

借りる: borrow

トイレなど使用後に返すという感覚がないものを借りる: use

賃貸・賃借する:  rent

 

ぜひ、うまく使い分けてくださいね!

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ
にほんブログ村

 


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

オンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓