聞き流しだけではリスニング力はつかない!?「聞いて理解するための能力」を身につける3つのトレーニング方法

聞き流しだけではリスニング力はつかない!?「聞いて理解するための能力」を身につける3つのトレーニング方法

こんにちは。橋本友美です。

 

「あの聞くだけの教材って、どうなんですかね?」

よく聞かれるのですが・・・

 

「聞き流し」だけではリスニング力はつきません。

ごめんなさい。期待を裏切るかもしれませんが、

私、嘘はつけませんので(笑)

 

「聞き流し」は最も始めやすい英語学習ですし、

もちろん英語の音へのハードルが下がる

というメリットはあります。

英語の環境に身をおいて、日本語が介在しない空間を

作るという点においては意味があります。

 

ただ、漫然と聞くだけの場合は、

聞こえない単語は聞こえないままです。

知らない単語は何度聞いても

聞こえるようにはならないし、

意味もわかるようにはなりません。

 

ちなみに、私は中学の頃から洋楽が好きで、

家にいる時はずっと英語の歌を聞き流してしましたが

全く歌詞を聞き取れるようにはなりませんでした(笑)

 

「聞くだけ」を長年続けるよりも

3ヶ月間リスニングトレーニングした方が

絶対に速いです!!

 

最速でリスニング力を身につけたいなら、

「聞く+α」のリスニングトレーニングが必須です。

 

+α の部分は音を集中して聞くために行うのですが、

それらの種類によって、

以下のようなものがあります。

 

1. シャドーイング

2. リピーティング

3. ディクテーション

これらをトレーニングをする場合、

リスニング音声、スクリプト(音声書き起こし文)

を用意します。

1. シャドーイング (shadowing)

シャドーイングとは、スクリプトを見ずに音声を聞きながら、

聞こえた音声をそっくりそのまま真似ることです。

言葉の抑揚や息遣いまで真似るつもりで発声します。

 

音声を 影(shadow)のようにぴったりついて

追っかけていくことからshadowingと呼ばれています。

 

ポイントは、途中で間違えても、正確に音を出せなくても

気にせず音を発し続けること!!

何も言えない状態が続いたら、できるところから再開すればOKです。

 

シャドーイングをやるたいていの人が、

「何も言えません。」

「あとかうぅしか言っていません」

「これでいいのですか??」とおっしゃいます。

 

「大丈夫です!」

 

シャドーイングは、

通訳者のスピーキングトレーニングとして

使われていますが、話すことのみならず、

リスニングへの効果が絶大です。

通訳を目指さない一般の学習者は

リスニング効果を狙いますので、

うまくできなくても問題ありません。

 

ただ真似して声を出してください。

アウトプットの出来、不出来は問いません。

まず否が応でも音を聞こうとするという意識が、

英語の音への集中が耳の感度を高めます。

 

聞き流しているとき、漫然と聞いている時に

聞き逃すような音をも自然にキャッチするようになります。

 

ただ、このキャッチした音も無意識にしているので、

自分ではキャッチしているという意識はありません。

「真似して言えないし、聞こえ方は変わりません」と

言いますが、

実はこの音声のキャッチの積み重ねが、

リスニング力アップにつながっていきます。

 

シャドーイングをやったあとに

スクリプトを読んで英文を確認します。

 

ちなみに、個人的に、シャドーイングは、

何も見ないで行うものとしています。

スクリプトを見ながら音声を聞き、

聞こえた音に合わせ、抑揚や発音などを真似る場合は、

オーバーラッピングと呼んでいます。

2. リピーティング(repeating)

リピーティングとは、

音声をある程度のかたまりで一旦止め、

聞こえてきた音声をスクリプトを見ずに

そっくりそのまま繰り返すことです。

 

5、6語の短い文から始め、

慣れてきたら、長い文章に移行していきます。

 

「英文が覚えられません」

 

そう言われる方が多いのですが、

その場合は、できるだけ英文の最後を

再現するようにしてください。

 

単語の羅列を音の記憶だけで覚えると

せいぜい5語くらいが限度です。

 

長い文が言えるようになるためのコツは

意味のかたまりごとに覚えることで、

文やメッセージをイメージとして

捕らえることができるようになります。

 

リピーティングによって、

英語を英語で保持する力(retention)がつき、

英文を構成する力がついて、

英語を文で言えるようになってきます。

(スピーキングになりますが、

単語を並べるのではなく、文で言えるように

なると伝わり方がぐんと変わります)

 

リピーティングをしたあとに、スクリプトを

読んで英文を確認します。

 

3. ディクテーション(dictation)

ディクテーションとは、音声を聞きながら、

聞き取った通りにノートに書きます。

音声は何度流しても構いません。

書き取った後、スクリプトと照らし合わせて

スクリプトと異なる場所を赤ペンで修正します。

意味が合っているかではなく、

スクリプトに書いてある通りに修正します。

 

「間違いだらけです」

 

はい、おそらくノートは修正で真っ赤になりますが

それでOKです。

何が聞こえていて、何が聞こえなかったのか、

自分の耳にはどのように聞こえていたかを

「見える化」できます。

 

かなりタフなトレーニングになりますが、

これをある期間やるとリスニングはもちろん、

英文法や語法、構文を作る力もつきます。

リスニングの地盤をきっちり固めたいときに

おすすめです。

 

今日は、「聞いて理解するための能力」をつける

リスニングトレーニングの方法について

お届けしました。

 

また、やり方がわからないなど、ご質問、ご相談が

あればお知らせください。

 

「リスニング力をあげたい!」

「発音徹底的に学びたい」

「発音のフィードバックがほしい」という方、

エンパワー英会話の体験レッスンで

発音練習してみませんか?

 

英語に関するお得情報をお届けします!

友だち追加

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 

エンパワーの英会話ってどんな感じ?

↓ ↓ ↓

オンラインレッスン

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓