残業にoverworkは使えない

こんにちは。橋本です。

 

働き方改革が声高に叫ばれる中、

残業を減らす努力をする企業が増えていますね。

 

「残業(する)」を英語にするとき

overworkと言う人が多いのですが、

実は誤りです。

 

「昨日、残業した」を

I overworked yesterday. とすると

「昨日は働きすぎた。」となってしまいます。

 

overworkという英単語は、

「過度に働くこと」を意味します。

確かに、残業は働きすぎかもしれませんが、

規定の時間外に働く「残業」の意味は

ありません。

 

「残業」はovertimeです。

 

「昨日、残業した」は、

動詞workを使って、

I worked overtime yesterday.

となります。

 

workの代わりに doも使います。

I did overtime yesterday.

 

残業代を払うは、pay overtime で、

「経営者は残業代を払わなくてはならない」は、

Employers must pay overtime to employees.

となります。

 

残業時間を入れる場合は、

—  hours of overtime で、

— に時間数を入れます。

 

「昨日は1時間半残業した」であれば、

I worked one and a half hours of overtime yesterday.

となります。

 

overtime と overworkの使い分けの例です。

 

He did 1o0 hours of overtime last month.

彼は先月残業が100時間だった。

I think he overworked.

彼は働き過ぎだと思う。

 

2017年10月5日のGuardianの記事のタイトルに

こんなものがありました。

Japanese woman ‘dies from overwork’

after logging 159 hours of overtime in a month

「日本女性、月159時間残業の過労働で死亡」

と言った内容です。

 

ネイティブスピーカーと話していると、

「私たちには過労死はありえない」と

言われます・・・

労働に対する価値観の違いがあると思いますが、

なにはなくとも、健康な体あってのこと。

 

みなさんも働き過ぎにはご注意くださいね。

Don’t work woo hard!

 

 

 

・海外旅行に必須フレーズ30を厳選!

毎日1つずつお届けします。

無料メールセミナー登録はこちらから↓

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

 

・メルマガ「みんなで楽しく英会話」

「なるほど、そうだったのか!」

知って得する、お役立ち英語をお届けします。

 

・まずは15分トライアルレッスン受けてみませんか?

英会話オンラインレッスン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA