「車に乗る」get in, get on どっち?

こんにちは。橋本です。

 

前置詞の使い分け。

よくわからないなあという方

多いと思います。

 

前置詞は、名詞の前におかれ、

名詞とくっついて使うという意味では、

日本語の助詞のようなものですが、

実際は、各助詞に対する前置詞が

一つに定まっておらず、日本人学習者は

その使い分けに苦労します。

 

例えば、どちらも「〜に」と訳される

inon ですが、

状況に応じて使い分けがされています。

 

ネイティブスピーカーは

各前置詞が持つコアイメージによって

使い分けをしています。

 

inとonのコアイメージは、

in  は「内部感覚」

on は「接触している」

です。

 

この違いが表れている例をお話します。

 

「乗り物に乗車する、乗る」というとき、

基本的に、get onを使います。

 

飛行機、船、電車、バスなどは

get onを使います。

get on a plane/ a ship/ a train/ a bus

 

でも、車(乗用車)に乗るときは

get in a car となります。

 

同じ車にもかかわらず、バスと乗用車では

前置詞が異なります!

 

これは、英語の世界で、

その乗り物に対するイメージが影響しています。

 

飛行機、船、電車、バスは、

輸送の板の上に乗る感じなので、

on を使います。

ちなみに、これらの乗り物に「搭乗する」ことを

boardと言いますが、

boardは板という意味もありますね。

 

一方、「乗用車」は、

ネイティブスピーカーにとって、

板の上に乗っているというより、

車内空間の中にいる感覚があるので、

内部空間にいることを表すin が使われます。

バスよりも部屋や家にいる感覚に近いのだと

思います。

 

乗車しているというより、

バスや電車の車内にいることを表すときには。

in the bus /trainと表すこともあります。

 

決まった言い回し、慣用的な表現も多いので、

すべてが論理的に説明できるわけではありませんが、

inonの使い分けのポイントは、

「区切られた空間の中にいるイメージ」か、

「何かの上にのっかっている

(くっついている)イメージ」の

違いです。

 

inとonの使い分けの参考になれば幸いです。

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら