ラグビーワールドカップ、南アフリカ、そして映画『インビクタス』

こんにちは。橋本です。

 

昨晩のラグビーワールドカップ、

南アフリカ戦は残念ながら敗れてしまいましたが、

南アフリカのラグビーというと、

クリント・イーストウッド監督の『インビクタス』

 

様々な試練を乗り越えてきた国。

やはり強いなあという印象です。

 

「インビクタス」の意味のこちらの記事をどうぞ↓

映画「インビクタス/負けざる者たち」

1994年、ネルソン・マンデラ氏が大統領に就任しますが、

アパルトヘイト(人種隔離政策)の影響がまだ色濃く残っている時。

 

黒人はサッカー、白人はラグビーと、

興じるスポーツが別れており、

南アフリカのラグビー代表チームが

国際試合を行うときは、

黒人たちは対戦相手の国を応援するなど、

同国内で人種間の対立を印象づけるシーンが

いくつか描かれます。

 

ネルソン・マンデラ大統領は、自分や家族を苦しめた、

昨日まで「敵」だった白人たちを赦すことを示すことで、

人種で分裂した南アフリカを一つにしようとします。

(マンデラ氏は27年間投獄されていました)

 

Forgiveness liberates the soul.

赦しが魂を自由にし、

It removes fear.  That is why it is such a powerful weapon.

この赦しこそが、恐れを取り除く最強の武器なのだ

 

ネルソン・マンデラ大統領は、

1995年の南アフリカでラグビーのワールドカップ開催で、

ラグビーというスポーツの力を使って、

分裂した南アフリカの国民を一つにしようとします。

(もちろん、その他様々な施策があったと思いますが)

 

ワールドカップの日本開催により、

日本代表の熱い戦いを見て、

作品の中の躍動感や高揚感を

より身近に感じることができました。

 

日本を倒した南アフリカに優勝してほしいなあ

と思います。

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓