映画『1917 命をかけた伝令』観ました!

こんにちは。橋本です。

 

サム・メンデス監督の『1917 命をかけた伝令』

観てきました。

原題は「1917」の数字の部分だけで

副題は邦題だけについています。

 

第92回アカデミー賞では作品賞、監督賞を含む

10部門でノミネート。

作品賞、監督賞は惜しくも逃しましたが、

撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞しました。

 

第一次世界大戦のフランスの西部前線にて、

若きイギリス兵が前線にいる味方部隊に

作戦中止の伝令を伝えるために

敵の陣地を抜け、立ち向かうというお話です。

コリン・ファース演じる将軍の命令は、

(予告編の中でも流れます。)

Your orders are to deliver a message calling off

tomorrow morning’s attack.

(君たちの任務は明朝の攻撃の中止の伝令だ。)

 

call off  はフレーズで「中止する」で、

イベント等を取りやめることを指します。

特に「攻撃」をやめさせる意味も含みます。

 

したがって、この場面のcall off

ぴったりだと思いました。

 

ちなみに、「中止する」は、cancelもありますが、

cancelは、イベントを含め、

予定されているものをやめること、

さらに、注文や予約や契約、

定期購読などを止めることにも使います。

こちらは、日本語でのキャンセルの

理解でOKです。

 

If you don’t get there in time

we will lose 1600 men, your brother among them.

(間に合わなければ、1600人を失う。

君のお兄さんもだ。)

 

お兄さんに何がなんでも伝えたいという一心で

ブレイク兵士は立ち向かいます。

 

もう一人のスコフィールド兵士は、

あまりにも危険な任務に

乗り気ではありませんが

ブレイクとともに、またある事件を機に

任務遂行を絶対として前進します。

 

この作品の見所は、全編にわたるワンカット映像。

冒頭から途切れなく2人兵士をカメラが

追い続けます。

厳密にいうと、ワンカットに見える映像です。

高度な撮影技術と編集技術で、

伝令の兵士が戦場を駆け抜ける様子を

シームレスに見せます。

まるでシミュレーションゲームのようです。

 

ちなみに、日本語ではワンカットと言いますが、

英語では、cutという言葉は使わず

one shot/takeと言います。

 

今回のような長いワンカット映像だと、

one continuous take 

a single continuous shot   などといわれています。

continuous  は

「連続的な、切れ目のない」という意味です。

 

砲火を浴びながら、戦場を走るシーンは

「フォレスト・ガンプ」

「炎のランナー」に並ぶ

映画史に残る「走る」名シーンだと思います。

劇場で見るのがおすすめです!

 

「フォレスト・ガンプ」

「炎のランナー」

 

◆映画のお話しませんか?
まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓