「炎上する」を英語で言うと?

こんにちは。橋本です。

 

ネット上でしばしば起こる「炎上」

英語でどのように表現されるのでしょうか?

 

まず、、、炎上をGoogle翻訳にかけると

burningが出てくるのですが、ネットの炎上には使いません!!

 

ネットの「炎上する」に近い言葉は、flameです。

「ABをネットで攻撃する、感情的に非難する」

A flame B   

というように使います。

 

flame「炎」という意味なので

概念的に似ていますね。

 

気をつけなければいけないのは、

「彼のツイートが炎上している」で

His tweet is flaming. とは言えません。

なんとなく、よさそうな英文なのですが

全く通じないです。

 

flameの主語は、あくまでも「攻撃する人」になります。

例えば、

A lot of people are flaming his tweet. か、

受動態 His tweet is getting flamed. であればOKです。

 

また、日本語の「炎上」の場合、

多くの人が攻撃している状態をさしますが、

flameは、単にネットで非難するという

意味しかなく、多くの人の攻撃という意味はもちません。

たった1人の攻撃でもflameが使えます。

 

A lot of people flamed the blogger.

とすると日本語の「炎上する」の意味に近くなります。

 

あるいは、ネットに限らず「非難を浴びる」という

ことであれば、

— spark(s) backlash  (〜が非難を浴びる)

もよく使われます。

 

backlash は 反発、反動 という意味で、

大勢の人の否定的な反応、非難を表します。

 

spark は 火花を起こす、引き起こす

という意味を持ちます。

 

主語の部分には、人やブログやツイートなどが

入ります。

 

他にも「批判・非難を受けて」の表現には、

under fireがあります。

 

このfire砲火という意味で、

under fire で「集中砲火を浴びている」という感じですね。

 

The president came under fire from several shareholders.

(社長は何人かの株主から非難を受けた)

 

「炎上する」は英語にするときは少々やっかいですね。

くれぐれも直訳しないように注意してくださいね!

 


英語の疑問、解消しませんか?

言葉の微妙なニュアンスの違いまでお答えします!

一緒に学びましょう!

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓