白いゾウ、ピンクのゾウの意味

こんにちは。橋本です。

 

ゾウ(elephant)の色と言えば、

「グレー」ですよね。

 

英語のイディオムには、

白いゾウ(white elephant)と、

ピンクのゾウ(pink elephant)があります。

 

white elephantは、

「維持に費用がかかるのに、使えないもの」

「無用の長物」「やっかいなもの」「持て余すもの」

という意味です。

 

閉幕後に稼働されない、

オリンピック会場や施設がよい例です。

 

Many of the Olympic venues will be white elephants.

(オリンピック会場の多くが無用の長物になる)

 

white elephantの起源は、

タイの王様が、気に入らない国や家臣に白い象を贈ったことが

この言葉の起源とされています。

かつて白い象は珍しく、崇拝されていました。

身体が大きく、餌もたくさん食べるゾウ。

王様からもらった神聖なゾウなので

森に放つこともできず、処分に困るので

「やっかいなもの」のたとえになったということです。

 

pink elephantは、

see pink elephants というフレーズで使います。

「アルコールなどで幻覚が見える」

という意味で使います。

 

確かに、ピンクのゾウが見えたら

それは幻覚ですね(笑)

 

When I started seeing pink elephants,

I knew I had to stop drinking so much.

(幻覚が見え始めたら、飲むのをやめないと

いけないことをわかっていた)

 

pink elephantsは、

ジャック・ロンドンの

『ジョン・バーリーコーン』(1913年)で

最初に記述されたようですが、

 

一般的になったのは、

ディズニーアニメ映画『ダンボ』(1941年)で、

酔っ払ってしまったダンボが

ピンクの象のパレードの幻覚を見るシーンからのようです。

 

こちらです。

↓  ↓  ↓

 


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓

体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓