「ケースバイケース」は英語で何という?

こんにちは。橋本です。

 

実は、日本語で「ケースバイケース」というとき、

2つの意味があります。

 

  1 . 原則にとらわれず、一件ごとの事情に応じて

例:   「私たちはケースバイケースでクレームに対応する」

 

      2.  場合による

1のような個別の事案、問題というニュアンスではなく、

その時と場合に応じて

例:「 いつも何時に会社から出るの?」「ケースバイケースだよ」

 

英語では、1と2では使う言葉が異なります。

 

1の場合、

「私たちはケースバイケースでクレームに対応する」を

We deal with complaints case by case.

とするのは誤りです。

(「〜に対応する」deal with —)

 

間違っているところは、case by case

英語ではcase by caseのままで、

副詞のようには使えません。

 

英語で使うときは、

on a case-by-case basis

というフレーズにします。

 

basis は基礎、基盤という意味です。

 

日本語で「〜ベースで」というとき、

on a — basisという表現になることが

多いです。

 

例えば、「商業ベースで」だと

on a commercial basis

となります。

 

「個別で、個々人で」は、

on an individual basis

 

なので、

「ケースバイケースで苦情に対応する」では、

 

We deal with complaints on a case-by-case basis.

となります。

 

2の「場合による」という場合は、

case by caseはもとより、

on a case-by-case basis も使いません。

 

「場合による」という意味では。

ネイティブはIt depends. を使います。

 

前述の会話は、

A: When do you leave the office?

「 いつも何時に会社から出るの?」

B: It depends.

ケースバイケースだよ」

となります。

 

会社を出る時間は、

on a case-by-case basisで考えるほどの

事案ではないので、違和感があると思います。

 

ケースバイケース (case by case)は、

英語にある言葉であり和製英語ではありませんが、

使う意味、場面によって、

英語表現が変わりますので、

注意しましょう!

 


前から思っていた英語の疑問、解消します。

言葉の微妙なニュアンスの違いまでお答えします!

一緒に学びませんか?

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓