OKの意味に注意!

こんにちは。橋本です。

 

日本語での「オッケー」は

「いいよ」という意味で、

ポジティブ、好調をイメージさせる

言葉として定着していますね。

 

でも、実は英語での“OK”は、必ずしも

日本語と同じニュアンスにはならないので、

注意が必要です!

 

英語でのOKは、

・許容できる、承諾している

・無事である、大丈夫だ

・悪くないが、それほどよくもない

を意味します。

 

「許容できる、承諾している」という意味では、

日本語と同じです。

 

“Is it OK if I go to the party?”

「そのパーティーに行ってもいい?」

 

“Can you help me with my homework?”

「宿題手伝って」

OK.”

「いいよ」

 

状態を表すのにOKを使うと、

「無事である、問題ない」ことを表します。

 

体調の悪そうな人に尋ねる

“Are you OK? “は、

相手の状態、体調について、

「問題ない」かどうかを尋ねています。

 

交通事故にあったとき、”I’m OK. “と言えば、

「自分は無事である」ことを意味します。

 

飲み物などを勧められて、

要らないというときに、

I’m OK.  や It’s OK. と言います。

「今の状態で問題ない→不要だ」

ということですね。

 

関連記事

海外旅行で使えるフレーズ「結構です」

 

人やものの評価についてのOKは、

「悪くはないが、それほどよくはない」です。

なので、He’s OK.It’s OK. は、

特に褒めたことにはならないので、

注意が必要です。

 

His song is OK, but it’s nothing special.

(彼の曲は悪くはないけど、特別なものはない。)

 

“How are you?” (元気ですか?)

に対して、

I’m OK. と答えた場合、

「問題なく、無事です」ということで、

日本語では「まあまあ」と訳されますが、

「悪くはないけど、それほどよくはない」

というニュアンスになります。

 

日本語で頻繁に使うOKですが、

英語ではそれほどポジティブな意味で

使われていません。

 

日本語と同じ感覚でいると、

意味が通じなかったり、

相手の言っている意味を

取り違えてしまう可能性がありますので

注意してくださいね。

 

◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆15分(3000円)体験レッスンはこちら
(1日1名様限定)

オンラインレッスン