伝わる英語の話し方ー3つのコツ

こんにちは。橋本です。

 

今日は英語を話すときの

ちょっとしたコツについて

書きたいと思います。

 

これは私がレッスンや授業で

よく話していることです。

 

英検の面接対策やフリートークで

生徒さんと英語で会話とすると、

これは伝わらないなという話し方を

する人がいます。

 

それは、

・声が小さい

・もごもご話す

・不必要に語尾をあげる

です。

 

逆に言えば、

これらを改善すれば、

みなさんの英語が

ずいぶん通じるようになります。

 

以下の3つのことに気をつけて話しましょう!

 

1 声のボリュームをあげる

「ちょと声張りすぎてない?」と

思うくらいでちょうどいいです。

 

英語を話すときは緊張します。

正しく発音しようと意識しすぎて

声がうまく出ないということもあるかもしれません。

だからこ、思い切って大きな声を出して、

ちょうどいいのです。

 

みなさんの英語が正しくても、

単純に声が小さくて聞き取れなくて、

相手に通じてないことがあります。

 

ちなみに、ネイティブスピーカーは、

聞き取れないときに、

結構気軽に“Huh?”と言います。

「聞き取れなかった、もう一度言って」と、

単純に聞き直しているだけで、

悪気はないのですが、

日本語の「はあ?」のイメージがあるだけに、

この”Huh?”を言われてしまうと、

「私の英語がダメなんだ」と

落ち込んで、話せなくなってしまう人多いです。

 

もし、”Huh?” と言われても、

めげずに、少し声のボリュームをあげて

そして、さらにゆっくり言ってみてください。

 

2 ゆっくり、はっきり話す

英語の発音をするのに、口をあまり動かさない方が

速く話せることから、

英語を話すことに慣れてきた人に多くみられます。

 

英語が構文があやふやにもかかわらず、

単語がはっきりと発音されないと

すごく聞き取りづらいです。

 

あと、英語らしく発音することを履き違えて、

我流で不用意に音をつなげて早口で話すと

とてもわかりにくいです。

 

流暢に話す練習をすることは必要ですが、

みなさんが「伝えること」を目的と

するならば、相手にわかるように

ゆっくり、はっきり、場合によっては

単語ごとにしっかり区切って発音してください。

むやみにつなげて発音するより通じます。

 

発音については、音声教材を真似ることで

自分で練習できますが、

流暢に話したい、綺麗な英語で話したいという方は、

自己流になる前に、

英語のプロによるチェックを受けて、

それが通じるレベルにあるのか、

正しい音が出ていないならば、

どこを直せば出るようになるかの

指導を受けた方が習得が早いです。

 

3 文の終わりは語尾を下げて言い切る

たとえば、What did you do yesterday?

の質問に対して、

I went shopping in the mall.

the mallで語尾を下げれば

言い終わったことが相手にわかるのですが、

合っているかどうか自信がないせいか、

文の終わりでもthe mall の語尾をあげる人がいます。

 

語尾をあげると、相手はthe mall のあとに

まだ文が続くと思うので、

その続きをじっと聞き続けます。

でも、こちらは言うことがない・・・

 

なんともいえない沈黙が流れて

気まずい雰囲気になってしまい、

自信をなくすという悪循環が生じます。

 

話す英文は短くても大丈夫です。

文の終わりがわかるように、

言い終わるときには、

語尾を下げて言い切りましょう。

 

まとめます。

伝わる英語を話すためには、

1 声のボリュームをあげる

2 ゆっくり、はっきり話す

3 文の終わりは語尾を下げて言い切る

 

以上3つを気をつけてみてください。

相手の反応が変わってきますよ!


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン15分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら