ホテルのフロントはfront ?

こんにちは。橋本です。

 

ホテルのフロントは、

英語でなんというかご存知ですか?

 

そのままfrontで通じそうなのですが、

これが通じません(笑)

 

正しくは、front desk といいます。

こちらは米国での言い方になります。

 

英国では、reception と言います。

receptionは、会社の受付も表します)

 

front は「前面(の)」「正面(の)」という

意味にすぎません。

なので、front desk「正面にあるデスク」

と言ってはじめて意味をなすわけです。

 

「フロントの人、フロント係」は、

a front desk clerk

と言います。

 

clerkは、「〜係、職員」

をイメージするとよいです!

 

「フロントでチェックインする」は、

check in at the front desk

となります。

 

「御用の際は、内線7番フロントまでご連絡ください。」

If you need any assistance, dial 7 for the front desk.

 

「フロント」は英語が日本語に導入されるとき、

表現の一部だけがカタカナ語として

入った例ですが、

 

同様なカタカナ語に

「ミス」があります。

 

ミスは「間違い」という意味なので、

元の単語はmistakeです。

単語の最初の「ミス」の部分だけが

日本語になったのですね。

 

関連記事

ミスってmiss?!

外国語を簡単に日本語に取り入れられる

便利なカタカナ語ですが、

必ずしも元になった英単語と一致しないので、

英語学習では落とし穴になることがあります。

注意しましょうね!

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF


◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら