staffについて:I’m a staff. とは言いません!

こんにちは。橋本です。

 

今日は、staff(スタッフ)という言葉について

お話したいと思います。

 

「スタッフ」は、

その業務をする担当者、職員の意味であり、

英単語 staffも意味は同じですが、

日本語にはない、集合名詞という

カテゴリーに入るので、

話したり、書いたりするときには注意が必要です。

 

staffは担当者個人を意味せず、組織全体を指します。

(crewも集合名詞で同じ考え方です。)

 

陥りがちな誤りは、スタッフ1名という意味で

a staff としてしまうこと。

 

「私はスタッフだ」を

I am a staff. とするのは誤りです。

 

複数にならないので、

「その会社は50名のスタッフがいる」を

The company has 50 staffs.とするのも誤りです。

 

一人のスタッフと言うときは、

a staff member  あるいは、

a member of the staff

と言います。

 

50人のスタッフ

というときには、

fifty staff members あるいは、

a staff of fifty

と言います。

 

したがって、

「私はその組織のスタッフだ」

↓ ↓ ↓

I am a staff member of the organization.

 

「その会社にはスタッフが50名いる」

↓ ↓ ↓

The company has a staff of 50.

 

となります。

 

familyの使い方に似てます。

関連記事

「4人家族」を英語で言えますか?

 

もう一つ、英語には、

ネイティブは頻繁に使う

stuff という単語があることに注意しましょう。

 

日本語では「ア」の音は一つしかないので、

stuff、staff いずれもカタカナにすると「スタッフ」になり、

多くの人が聞き分けに苦労しています。

 

stuffは、漠然とした物、事を表します。

 

こんな感じで使います。

 

Don’t touch my stuff on the table.

(テーブルの私のものを触らないで)

 

Can I lease my stuff here?

(私の荷物をここに置いていいですか?)

 

What is the blue staff?

(あの青いのは何ですか?)

 

staffとは使う場面が違うので、

違いがあることを覚えてさえいれば

混乱することは少なくなるかと思います!

 


 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓

体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓