よくある間違い「〜を持っていない」を ” have not —” としていませんか?

こんにちは。橋本です。

 

今日は文法の基本のお話をします。

 

準2級のライティング指導をしていて、

頻繁に見る文法的な誤りの一つに

「〜を持っていない」「〜がない」を

「have not — 」としてしまうというのがあります。

 

ライティングだけでなく、会話でも

言ってしまっている人をよく見かけます。

 

例えば、

「スマートホンを持っていなければ・・・」は

If you don’t have a smartphone…

とすべきですが、

If you have not a smartphone…  (NG)

とする人がとても多いです。

 

「〜することができる」can  の否定

「〜することができない」は cannot に

なるように、

「持っている」を否定するから、

「have not」という感覚があるかもしれません。

 

もう一つ、have not (haven’t )は、

現在完了時制の否定で使われるので

なんとなく見聞きしていて

不自然な感じがしないのかもしれません。

(でも、現在完了時制では、その後ろに

その文の動詞の過去分詞があるはずです。)

 

haveの代わりに likeで考えると、

「スマートフォンが好き」I like a smartphone.

を否定文にするとき、

「スマートフォンが好きでない」は、

I don’t like a smartphone.

ですが、

I like not a smartphone. に違和感を覚える人は

多いです。

 

havelikeは同じ一般動詞なので、

おきかえると

I don’t have a smartphone.  

となりますよね。

 

しつこいようですが、

「〜を持っていない」 は

do not (don’t)  have — あるいは

does not (doesn’t)  have —

です!

 

学校のテストで

「I have a smartphone.の否定文にしなさい」

という問題は、正解できる人が多いと思います。

ただ、自ら発するとなると、正しく

言えない人がでてきます。

 

実際に自分の言葉で書いてみる、言ってみるというは

とても大事です。

 

そういう意味では、準2級のライティング問題は

よい英語学習トレーニングになると思います。

 

英検準2級、挑戦してみませんか!?

 

こちらも合わせてお読みください

日本人がやってしまう間違い: He’s having a box.

 


英検対策いたします!

短期集中で合格していまいましょう!!

 

◆まずは体験レッスン20分(3千円)から!

↓ ↓ ↓  ↓
体験レッスンのお申し込みはこちら

 


◆海外旅行で必須のフレーズ30を厳選!

毎日1つずつご紹介します。

トラベル英語これだけ30
無料メールセミナー登録

「旅行までに時間がない」

30フレーズまとめて一気に見たい方はこちら↓↓

トラベル英語これだけ30 PDF

 

その他、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ↓ ↓